ビジネス

破産の場合

破産の場合

(公開: 2015年2月17日 (火)

民事再生という選択はマンション等のローンを含めた多重の債務に陥っている人々をターゲットとして、住宅を維持したまま金銭的に立ち直っていくための法的な機関による債務圧縮の道として2000年11月にスタートした解決策です。

 

民事再生制度には、自己破産制度みたいに免責不許可となる要素がないので浪費などで債務がふくらんだ場合においても民事再生は可能ですし、自己破産が理由で業務禁止になりかねないポストで仕事をしているような人でも民事再生手続きは可能になります。

 

破産の場合には住居を手放さないことは許されませんし、特定調停等では、元金は返済していく必要がありますので、住宅のためのローンも払いながら支払うのは現実問題として困難だと思われます。

 

といっても、民事再生による処理を採用することができれば住宅ローン等以外の負債については少なくない場合において減ずることも可能ですので、住宅のためのローンを返済しながら残りの借り入れ分を返済し続けるようにできるということです。

 

でも、民事再生による整理は任意整理または特定調停とは違って一部の借り入れだけを除外して処理をすることは許されていませんし、破産申請に適用されるように返済義務そのものが消えてしまうのでもありません。

 

くわえて、これとは別の手続きと比較すると簡単には進まず時間もかかりますので、マンション等のローンを組んでおり住んでいる家を維持する必要がある時などを除いて、破産手続き等その他の債務整理ができない場合の限定された解決策と判断しておくのがいいでしょう。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。